高齢者のこと障がい者のこと子育てのこと地域福祉のことボランティアのこと相談したい参加したい社協について

第1期本庄市地域福祉活動計画

第1期本庄市地域福祉活動計画
(平成26年3月策定)

本庄市社会福祉協議会では、住み慣れた地域の中でお互いに支え合いながら、安心して暮らせる社会の実現を目指し、地域福祉を推進するための活動の指針となる「本庄市地域福祉活動計画」を策定しました。

第1期本庄市地域福祉活動計画の策定にあたって

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災で多くの命が失われ、生活基盤に甚大な被害を受けながら、世界中からの支援やボランティアなど多くの人の助け合い、支え合いによって必死に再生しようとする姿が3年を経てなお報道機関などを通じてリアルタイムで報じられ、人と人、地域と人の「絆」の重要性が伝えられています。

 また近年、関東でも大型台風の襲来や記録的な大雪など観測史上を上回る地球規模の自然災害により市民生活が脅かされ、地域での助け合いや支え合いの重要性が求められています。

 しかし現代は、国際化、情報化が進むグローバルな社会の形成によって、個人の尊厳や個性の尊重を重視し、多様なライフスタイルの選択や心の豊かさが享受される一方、核家族化や社会的孤立など、人と人のつながりの希薄化や地域の連帯感、家族の結びつきの弱まりが懸念されています。さらに少子化ならびに超高齢化社会の到来によって、地域、世代間に新たな社会問題が増加し、地域を支える力が失われつつあります。

 本庄市では、平成20年3月から「本庄市総合振興計画」において、まちづくりの将来像「あなたが活かす、みんなで育む、安全と安心のまち 本庄~世のため、後のため~」の実現に向けて、「地域福祉の推進」を重点的な施策として取り組んできました。

 地域福祉は、子どもから高齢者、障害の有無、国籍等に関わらず地域に暮らす市民一人ひとりが、お互いの存在を尊重し、ともに助け合い、支え合うことによって、誰でも安心して自立した生活を送ることができる社会づくりを目指すものです。

 この地域福祉の実現のため、市民相互の助け合い、支え合いによる「共助」を中心として、自治会、民生委員・児童委員をはじめ、地域のために活動する民間の各種団体、社会福祉法人、ボランティア、そして本庄市社会福祉協議会が、それぞれの役割の中で互いが最大限の効果を発揮して、福祉の向上に取り組むための民間による行動計画として策定したのが本庄市地域福祉活動計画です。計画策定においては、事業の実現性を高めるため、本庄市と共同での計画づくりに取り組み、市が策定した本庄市地域福祉計画と共通の基本理念を「みんなで支えあう思いやりのあるまち 本庄」といたしました。

 今後さらに市との連携を高めながら、市民ならびに地域の関係する福祉団体や民間機関、ボランティアの皆様と共に計画実現に向けて事業に取り組んでまいりますので、より一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 本計画の策定にあたり、市民アンケート、懇談会等にご協力をいただいた市民の皆様をはじめ、慎重かつ貴重なご意見、ご提言をいただきました本庄市地域福祉活動計画策定委員会の委員の皆様、また策定にご尽力いただきました関係各位に心から感謝申し上げます。

平成26年3月

社会福祉法人 本庄市社会福祉協議会

会 長 

平成26年3月

社会福祉法人 本庄市社会福祉協議会

会 長 

第1期本庄市地域福祉活動計画(全体版)

平成30年度「本庄市地域福祉活動計画」進行状況報告書について

計画記載の主要27事業の達成率を算出し、13の施策ごとにA~Eの5段階評価を行いました。
≪評価基準≫
【A】達成率100%以上【B】達成率99~75%【C】74~50%
【D】達成率49~25%【E】24%以下

進行状況報告書

PAGETOP
街並みイラスト
  2020  Copyright ©  Honjo City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.