高齢者のこと障がい者のこと子育てのこと地域福祉のことボランティアのこと相談したい参加したい社協について

第2期本庄市地域福祉活動計画(ふくしの杜ほんじょうプラン21)

第2期本庄市地域福祉活動計画
(ふくしの杜ほんじょうプラン21)

 本庄市社会福祉協議会では、住み慣れた地域の中でお互いに支え合いながら、安心して暮らせる社会の実現を目指し、地域福祉を推進するための活動の指針となる「本庄市地域福祉活動計画」として、本庄市と合同で「ふくしの杜ほんじょうプラン21(第2期本庄市地域福祉計画・第2期本庄市地域福祉活動計画)」を策定しました。

ふくしの杜ほんじょうプラン21の策定にあたって

近年、核家族化や急速な少子高齢化の進行等により、社会構造とともに人々の生活環境は大きな変化を遂げています。国内各地では、災害の多発等これまでにない懸念が広がっています。地域では、支援を必要とする世帯が抱える生活課題が複合化・複雑化し、既存の制度やサービスでは対応しきれない問題も顕在化しております。

 本庄市社会福祉協議会では、平成25 年度に第1 期本庄市地域福祉活動計画を策定し、市民や、地域団体、NPO、福祉関係事業者等の皆さまとともに地域福祉の推進に努めてまいりました。この5 年間、本市では民生委員・児童委員、自治会やボランティアの皆さまにより、近隣同士の見守り活動やふれあいいきいきサロン等の支え合い活動に活発に取り組まれた一方で、地域には、依然として様々な要因から孤立して適切なサービスにつながらないケースもみられ、地域社会における新たな支え合いの仕組みが求められています。

 このたび、本庄市と共同で策定した「ふくしの杜ほんじょうプラン21」では、地域における包括的・分野横断的な支援体制づくりをさらに推進するとともに、行政と民間のパートナーシップを一層強化するため、行政による地域福祉計画と、民間の活動・行動計画である地域福祉活動計画を一本化して策定いたしました。

 本計画の基本理念には、第1期計画の「みんなで支えあう 思いやりのあるまち 本庄」に、新たに「安心と共生のまちづくり」を追加して、いわゆる「支え手」「受け手」の枠を超え、市民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく「地域共生社会」の概念を盛り込んでいます。社会福祉協議会といたしましても、この基本理念のもと計画を推進してまいりますので、皆さまのより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ふくしの杜ほんじょうプラン21(第2期本庄市地域福祉計画・第2期本庄市地域福祉活動計画)

【全編】
  ふくしの杜ほんじょうプラン21(全体版)PDF ICON(47.940MB, 202ページ)
【目次別】
  表紙・あいさつ・目次PDF ICON(5.173MB, 10ページ)
  第1章 計画の策定にあたってPDF ICON(3.202MB, 14ページ)
  第2章 本庄市の現状PDF ICON(9.977MB, 36ページ)
  第3章 計画の目指す将来像と基本戦略PDF ICON(4.501MB, 10ページ)
  第4章 基本的施策の展開PDF ICON(22.259MB, 98ページ)
  第5章 計画推進体制及び点検評価PDF ICON(1.427MB, 4ページ)

  資料編・裏表紙PDF ICON(6.667MB, 30ページ)

「本庄市地域福祉計画」との関係について

 本計画は、市民やボランティア、NPO、福祉団体、関係機関等の様々な地域主体と協働しながら、地域福祉を推進する行動計画です。
また、本計画の推進にあたっては、本庄市が策定した「本庄市地域福祉計画」で示す地域福祉の「理念」と「しくみ」を共有し、一体的に地域福祉を進めます。
PDF ICON

「本庄市地域福祉計画」については、下記リンクよりご参照ください。
http://www.city.honjo.lg.jp/soshiki/fukushi/chiikifukushi/tantoujouhou/tiikihukusi/index.html

PAGETOP
街並みイラスト
  2020  Copyright ©  Honjo City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.