高齢者のこと障がい者のこと子育てのこと地域福祉のことボランティアのこと相談したい参加したい社協について

生活支援体制整備事業

生活支援体制整備事業

 この事業は、高齢者が在宅生活を継続していくために必要となる生活支援サービスの提供体制構築を目的として「生活支援コーディネーター」を中心に「生活支援コーディネーター」とともに「協議体メンバー」や地域の多様な主体が連携をとりながら、生活支援体制の充実や強化を行うものです。

生活支援体制整備事業とは

平成27年度の介護保険制度改正によって、介護予防給付の一部(介護予防訪問介護・通所介護)は、市が地域の実情に応じた取り組みができる「介護予防・日常生活支援総合事業」へと移行されることとなり、地域の多様な主体・ボランティア等を活用しながら、高齢者を支援していくこととなりました。本庄市では、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実が図れるように「本庄市生活支援体制整備事業」を実施し、地域の互助を高め、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めています。
 また、多様な取り組みのコーディネート機能を果たし、体制整備を推進していくために、「生活支援コーディネーター」を本庄市より委託を受け、本庄市社会福祉協議会に配置しています。

 

生活支援コーディネーターとは

地域において、生活支援・介護予防サービスの提供体制の構築に向けたコーディネート機能を果たす調整役です。地域の支え合いを推進します。

♥生活支援コーディネーターからのお知らせ

リーフレット

 

協議体とは

地域における、高齢者を支援する関係者間のネットワークづくりを目的とした、定期的な情報共有・連携強化の場であり、また、生活支援コーディネーターとともに、地域の支え合いを推進するチームです。メンバーは、地縁団体、NPO法人、ボランティアグループ、商工関係団体、シルバー人材センター、社会福祉協議会、地域包括支援センターと、多様な主体で構成されています。

PAGETOP
街並みイラスト
  2021  Copyright ©  Honjo City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.