高齢者のこと障がい者のこと子育てのこと地域福祉のことボランティアのこと相談したい参加したい社協について

福祉教育

福祉教育

福祉教育ってなに?

 福祉教育とは、福祉の学習や地域でのボランティア活動を通して、「思いやり助け合う心」を学び、地域の中で「ともに生きる力」を育む取り組みです。併せて、地域住民がボランティアとして福祉教育に参加することによって身近な福祉課題に気付き、住民同士力を合わせながら誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指すものです。

福祉教育出前講座

 福祉教育ボランティアの協力のもと、福祉教育に関する出前講座を行っています。小・中学校だけではなく、企業や団体、ふれいあいいきいきサロン等からの依頼も受け付けています。

(1)取り組み事例

①ふくしの話
まちの中にあるものがどんな人に便利なものか写真パネルを見ながら考え、福祉が身近であること、「やさしい気持ち」「思いやりの心」が大切であることを学習します。
②体験学習(車いす体験、アイマスク体験、高齢者疑似体験)
車いすの基本操作や視覚障害がある方の疑似体験、介助体験などを通して、ハンディキャップのある方への支援について学習します。
③点字体験
点字を打つ体験を通して、点字が視覚障害のある方にとって大切な情報源であることを学習します。
※その他の内容についてもご相談ください。

(2)依頼方法

実施希望日の1か月前までに、下記の申込書をFAXまたは直接窓口まで持参してください。日程調整後、担当者の方と直接打ち合わせを行います。

 資料ダウンロード  ※資料のダウンロードは専用ページをご用意しております。

※様式ダウンロード
・① 出前授業申込書 PDF ICON

福祉教育ボランティア

 学校や地域で福祉教育を進めていくボランティアを募集しています。具体的な活動としては、学校における福祉教育支援や、福祉教育に関わる講演会やイベントの企画や協力等があります。地域の方や子どもたちに伝えたいことがある、一緒に学びたいと思われる方のご参加をお待ちしています。

福祉教育推進校指定事業

 福祉教育を行う小学校及びボランティア活動の推進を図る中学・高等学校を対象に、福祉教育推協力校として指定を行い、下記のとおり取り組んでいます。
・児童・生徒のボランティア体験学習に必要な機会及び開拓の協力または促進
・関係機関及び団体との連絡調整
・助成金の交付等
 
★お問い合わせ
 本庄市ボランティアセンター(本庄市社会福祉協議会内)
 TEL 0495-24-2755  FAX 0495-21-5516

PAGETOP
街並みイラスト
  2021  Copyright ©  Honjo City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.