高齢者のこと障がい者のこと子育てのこと地域福祉のことボランティアのこと相談したい参加したい社協について

寄附のご案内

寄附のご案内

 寄附金は、本庄市社会福祉協議会が実施する事業を推進するうえで大きな支えとなっています。金額の多少を問わず、年間を通じて随時受け付けしています。どうぞお気持ちをお寄せください。

社会福祉法人などの特定公益増進法人に対する寄附には、税法上の優遇措置があります。

•個人の場合は、所得税にかかる寄附金控除の対象になります。
•法人の場合は、一般の寄附金とは別枠で損金算入することができます。
•相続や遺産によって受けた財産を寄附した場合は、その分は相続税の対象外となります。

ご寄附いただいた方には、本庄市社会福祉協議会で発行しています広報誌「ハート&ハート」にてお名前を掲載させていただいています。(ご希望されない場合には匿名扱いにさせていただきます)

寄附金控除について

個人の方が寄附をした場合

本庄市社会福祉協議会は、社会福祉法人格を有していますので、所得税及び住民税において寄附金控除を受けることができます。
また税額控除を受けることのできる法人として、平成29年10月16日付で本庄市から証明を受けておりますので、所得税法上の寄附金控除あるいは税額控除のいずれか希望する方法を選択することができます。

企業等法人が寄附をした場合

本会への寄附は、社会貢献活動であり、法人税法上の損金算入ができます。

本庄市社会福祉協議会は税額控除対象法人の証明を受けています

個人が税額控除対象法人の証明書の交付を受けている社会福祉法人へ寄附金を支出した場合に現行の所得控除制度に加え、税額控除制度との選択適用が可能となりました。【平成23年6月の租税特別措置法(昭和32年法律第26号)改正】
また、本庄市社会福祉協議会の会費も税額控除の対象となります。

控除の対象

平成29年10月16日以降に個人が支出された寄附金および会費

控除を受けるには

確定申告の際に、寄附金または会費の「領収証」と「税額控除に係る証明書」を添付して申告してください。
寄附金控除の詳細寄附をされた個人は確定申告によって、寄附金控除の適用を受けるか、税額控除の適用を受けるか、いずれか有利な方を選択することができます。

1. 所得控除を選択した場合 その年に支払った特定寄附金の合計額 - 2,000円 を年間所得から控除
2.税額控除を選択した場合 (その年に支払った特定寄附金の合計額 - 2,000円)× 40% を所得税額から控除
*ただし、控除が受けられる特定寄附金の合計額は、総所得金額等の40%相当額が限度です。
また、税額控除額は、所得税額の25%が限度です。
※確定申告の際に領収書が必要となりますので、大切に保管してください。

 資料ダウンロード  ※資料のダウンロードは専用ページをご用意しております。

・「税額控除に係る証明について」PDF ICON
・「税額控除に係る証明書」PDF ICON


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

PAGETOP
街並みイラスト
  2018  Copyright ©  Honjo City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.